部活動見学はいつでも可能です。
日程を知りたい方は、顧問まで御連絡ください。
お待ちしています。一緒に野球をやりましょう!!
野球部顧問 金子
 mailアドレス   kaneko.shotaro.1d@spec.ed.jp
 
 
 
 
【白岡高校野球部の特長】
1、野球に打ち込める環境がそろっている
 充実した設備・通学方法があり、何不自由なく野球ができます。この環境は、公立高校ではなかなか 
 ありません。
 
2、部活動を頑張る生徒を応援する学校
 本校は、部活動に打ち込む生徒を応援しています。野球を全力で取り組めば、学校生活も充実するこ 
 と間違いなし!
 
3、進路をしっかり決めることができる
 本校野球部では、入学する「入口」だけではなく、社会にはばたく「出口」を見据えた指導をしてい
 ます。(進路指導は1年次からスタート!)
 野球を通じた人間形成で、技術だけではなく、一人の人間としての成長を目指します。

 活動目的:野球を通じた人間形成 〜社会で活躍できる人材に〜
 活動目標:甲子園出場 〜強豪を倒し、夢の舞台へ
 
野球の上手い・下手、経験がある・なしは全く関係ありません!
 「一生懸命、全力プレーで」
 野球を心から愛し、情熱を持って、元気よく前向きに取り組める、そんな生徒を募集しています。
 
白岡高校野球部で、明るく、楽しく「人生を変える1000日間」を過ごしましょう!
 
<お問い合わせ>
 学校TEL 0480ー92ー1505 顧問:金子・荒井まで
 どんな内容でも構いません。何でもご相談ください。
 

野球部日誌

【野球部】ベスト16の壁

 先週の22日(月)に抽選会が行われ、25日(木)から春季埼玉県大会が開幕しました。その結果をお知らせします。

4月26日(金) 1回戦  vs埼玉平成 2ー1 〇

        123 456 789 R

白  岡    200 000 000 2

埼玉平成    000 000 001 1

県大会1回戦は埼玉平成高校と戦いました。 対戦相手の埼玉平成高校は激戦の西部地区で毎年コンスタントに県 まで勝ち上がり、 過去には県ベスト8にまで勝ち上がったことのある強豪私学の1つ です。

先攻の白岡高校は1番の納見(③さい・植竹)がセンター前で出塁すると、二盗を決め、3番清水(③春日部・東)が四球を選び、1死1,2塁のチャンスを作ると、すかさず納見が三盗を決め、1死1,3塁へとチャンスを拡大します。ここで1塁ランナーの清水が走ると、相手捕手の送球ミスも重なり、1点を先制し、なおも1死3塁とチャンスが続きます。続く4番関(③さい・土呂)のセカンドゴロの間に1点を追加し、2点の先制に成功し、 幸先の良いスタートを切ります。

先発の納見はピンチを招きながらも、味方の好守備にも救われ、相手の攻撃を0で抑え続けます。 追加点を取りたい攻撃陣でしたが、立ち直った先発投手、リリーフで出てきたエースからなかなか追加点を取ることができません。

グラウンド整備を挟んだ6回以降は防戦一方となり、嫌な展開が続きますが、守備陣の粘り強いディフェンスで相手に得点を許しません。9回裏に相手の長打2本で1点を返されますが、最後はサード晴山(③春日部・武里)の好守備でゲームセット。見事に県大会での1勝をもぎ取り、ベスト32へと進出しました。

 1回戦 vs埼玉平成

 

4月28日(日) 2回戦  vs立教新座 0ー3 ✖

        123 456 789 R

白  岡    000 000 000 0

立教新座    100 001 01 × 3

1回戦に勝利し、2回戦では立教新座高校と対戦しました。対戦相手の立教新座高校は毎年コンスタントに県まで勝ち上がることはもちろん、県でもベスト16までコンスタントに勝ち上がっていく強豪私学です。チームの特徴としては、毎年のように上位はもちろん、下位打線までスイングが鋭く、守りにとっては気の抜けない打線を構築してきます。

先攻の白岡高校は1回に3番清水(③春日部・東)が鋭い当たりのヒットを放ち、 期待の持てる攻撃を初回から行います。ところが、先発の納見(③さい・植竹)は1番にショート強襲ヒット、 2番にボークで無死1,2塁のピンチを招いてしまいます。すると、3番の送りバント、4番の犠牲フライであっという間に1点を先制されてします。ここをこの1点の最小失点で凌ぐと、以降は5回まで追加点を許さず、5回を0-1の接戦に持ち込んだ状態で折り返します。

攻撃陣は5回表に先頭の大島(③宮代・百間)がツーベースを放ち無死2塁のチャン スを作りますが、後続が続かず無得点。このチャンスを逃したことが後半に響きます。

前半を1点で凌いだ守備陣でしたが、 グラウンド整備を挟んだ6回裏に1点を追加されると、8回裏にはゲッツーで2死として安心した直後の初球を7番打者にレフトスタンドへ運ばれて万事休す。攻撃陣はいい当たりこそ出るものの、相手サウスポーのテンポいい投球に9回3安打と抑え込まれてしまい、0-3で敗れ、 白岡高校の春の戦いは終わりを告げました。

 2回戦 vs立教新座

 

地区予選から接戦をものにし続け、背番号をつけた公式戦の緊張感の中で4試合を戦った春。ノーシードから県まで勝ち上がり、県でも私学相手の接戦をものにして手に入れたベスト32。この県大会からは1年生もベンチに入り、その雰囲気を経験できています。

精神的にタフなチームとなったことは間違いありませんし、ディフェンス面で大きな自信をつけたことでしょう。また、「できること」と「できないこと」 の見極めがきちんとできているのも今のチームのストロングポイントだと思います。

しかし、一方で、攻撃陣の奮起が必要なことも間違いありません。 根本的な打力を上げることはもちろん、小技や走塁面など、 まだまだオフェンスで詰められる点はあるはずです。夏の大会までの残り2カ月、どこまでやれるのか。 明日から再スタートを切っていきます。

 

部長の私自身、教員として高校野球に関わり始めて11年目となります。 前任校では監督を経験していますし、公式戦での1勝がどれほど大変なことかはもちろん分かっていますが、特にこのベスト32と16の間で何度も跳ね返され続け、大きな壁をずっと感じています。 ここから先の世界を白岡高校野球部と共に見たい。 私自身も勉強を続け、白岡高校野球部が夏に1つでも多く勝ち上がっていくことに貢献していきたいと思います。

夏に向けて、チャレンジャー精神を忘れずに、受け身になることなく、攻め続けていく。大切なことです。この貴重な経験を無駄にしないように。

 

最後になりますが、地区予選を含め、保護者の方やOBの方など様々な方から応援をいただきました。球場が遠かったり、4月とは思えない気候だったりという中で応援していただき、本当にありがとうございました。そして、改めて多くの方から応援されて成り立っている野球部なのだと感じました。

夏に向けて頑張っていく白岡高校野球部の応援をこれからもよろしくお願い致します。

【野球部】祝!県大会出場!

こんにちは。先日行われた東部地区予選の結果をお知らせいたします。

 

4月10日(水) 1回戦  vs杉戸農業 6ー5 〇(延長11回サヨナラ勝ち)

        123 456 789 10 11 R

杉戸農業    201 001 000 1  0 5

白  岡    211 000 000 1 1×   6×

初戦は、昨秋のブロック予選で快勝を収めた杉戸農業が相手でした。しかし、「公式戦」という固さからか、初回に先発の納見(③さい・植竹)が四球と連打で2点を失います。その裏にすぐさま同点に追いつきますが、お互いの投手陣が安定せず、序盤からバタついた試合展開となります。しかし、中盤以降、両先発投手が落ち着き、打線が沈黙。膠着した試合展開の中で、お互い先に1点が欲しい状況でしたが、相手に先に1点を取られ、同点に追いつかれてしまいます。

そして、同点のまま9回が終わり、延長10回からは無死1・2塁からのタイブレーク。後攻の白岡高校としては、なるべく失点を抑えたい場面でしたが、送りバントと内野ゴロで1点を取られてしまいます。しかし、白岡高校も同様に送りバントと内野ゴロで1点を返し、タイブレークはなおも続きます。

11回はお互いに1番から始まる好打順。尻上がりに調子を上げた納見は、今まで良いようにやられていた上位打線をピシャリと抑え、11回表を三者凡退でしのいでチームの攻撃に勢いをもたらします。裏の白岡高校の先頭打者は11回表を完璧に抑えた納見。納見は勢いそのままにレフト線へ鋭い打球を放ち、サヨナラのタイムリーツーベースヒットとなりました。

私自身、公式戦でタイブレークとなるのが初めてでしたが、凄まじい緊張感がありました。「公式戦」の怖さを思い知る試合となりましたが、初戦でこのようなギリギリの勝負をチーム全体で耐え、勝つことができたのは大きな財産となりました。

 

4月13日(土) 代表決定戦  vs鷲宮 5ー3 〇

        123 456 789 R

白  岡    013 000 100 5

鷲  宮    000 003 000 3

対戦相手の鷲宮高校は新チームになってから初めて行われる昨夏の新人戦でベスト4に入っており、今大会もシード校に選ばれている力のある学校です。

そんな鷲宮高校を相手に、2回に大島(③宮代・百間)、恩田(②白岡・篠津)の連打でチャンスを作り、1点を先制すると、3回には3点を追加して白岡ペースで試合は進んでいきます。

ところが、グラウンド整備を挟んだ6回、先発の納見(③さい・植竹)に疲れが見え始め、3点を失い1点差にまで迫られてしまいます。鷲宮へと流れが傾いていきかけますが、ここで簡単に次の攻撃が終わらないのが白岡高校。粘り強くチャンスを作り、齋藤(③宮代・百間)の犠牲フライで1点を追加し、2点差とします。

7回からは斎藤がマウンドへと上がり、追いすがる鷲宮打線をピシャリと抑え、そのまま5ー3で試合終了! 1回戦に引き続き、競った試合をモノにして2022年春以来となる県大会への出場を決めました。

 

今のチームは、野球が好きで、誰からも応援されるような選手ばかりです。 そのためか、月曜日に学校へ出勤すると、多くの先生から「おめでとう!」と声をかけていただきました。これは日ごろから野球部員がグラウンドだけでなく、学校でもきちんとした態度で日々取り組んでいるからに他なりません。地区大会にベンチ入りした選手は2,3年生合わせて13人と少ないものの、それを感じさせない声の大きさ、明るさがあります。

https://www.saitama-np.co.jp/articles/75858/postDetail

 

県大会でも最後まで諦めず、元気で明るく格上相手に挑んでいきたいと思います。今後も白岡高校野球部の応援をよろしくお願いいたします。

【野球部】 ブロック研修大会 結果報告

11月3日・5日・14日の3日間で行われた、ブロック研修大会の結果報告です。

第1日目

1回戦 vs杉戸農業  16-0 勝利

2回戦 vs花咲徳栄  0-11 敗戦

2回戦では、途中まで競る展開に持ち込みましたが、自らのミスから大量失点・・・

「できることを徹底してやり抜く大切さ」を改めて感じました。

 

第2日目

敗者復活戦 vs鷲宮高校 4-1 勝利

負けたらここで終わりの一戦。粘り強く守り抜き、少ないチャンスをものにすることができました。

 

第3日目

5位決定戦 vs宮代高校 8-2 勝利

序盤から投打がかみ合い、勝ち切ることができました。この大会を5位で終えました。

 

この大会を通じて、感じたことが2つあります。

 一つ目は、秋の敗戦後、チームとして取り組んでいることが少しずつ形になってきていると感じました。結果が出ている選手、そうでない選手といますが、内容も含めて成果が少しずつ見えるようになってきています。方向性が間違っていないことを再認識できたので、さらに努力を積み重ねていきたいと思います。

 二つ目は、選手一人ひとりに自覚が芽生えてきていると感じました。今大会は故障者は度重なる体調不良者がおり、実働人数がギリギリで臨んだ大会でした。

自分が欠けたらいけない・・・

自分の存在感の大きさを実感し、取り組む姿勢が変わってきたように感じます。

人数が少ないのは大変なこともありますが、それだけではない。

人数が多いと分からないところにも気づけますし、少ないからこそ伸びるところもある。

そして、一人一人が精神的にも技術的にも伸びれば、勝てるチャンスは大いにある。

なんとなく思っていたことが、明確に分かった大会でした!

 

「上手いチームではなく、強いチームに」

技術を高めつつ、当たり前の基準を高め、土台を固めるオフシーズンにしていきます。

【野球部】 悔しい敗戦 感謝を胸に改革のシーズンオフ

こんにちは。野球部です。

更新が遅くなってしまいました。御容赦ください。

9月14日(木)、秋季大会の代表決定戦に臨みました。

春日部工業高校さんと対戦し、0−5で敗戦。県大会出場を逃しました。

ピンチも多々ありましたが、夏からやってきた「取れるアウトをしっかり取る」ということができ、8回まで0−3と守備では粘ることができました。

しかし、攻撃が全く形にならず、3点差でしたが相手に気持ちよくプレーされてしまいました。

打開するきっかけが掴めず、徐々に焦りも加わり、8回裏に2点を追加され、万事休す。

 

このチームのウィークポイントが全て出た試合でした。

フィジカル面や、戦う雰囲気作りも含め、間に合わせることができませんでした。監督としての責任を痛感し、指導を1から学び直さなければいけないと強く感じています。

 

選手たちは、敗戦の翌日から来春に向けてスタートを切りました。

人が変わる時は悔しさや情けなさを痛感した時。少しずつ、目つきや練習に取り組む姿勢が変わってきた者が増えてきているように感じます。

その姿を見て、私自身も勉強し、選手と共に成長していかなければいけないと強く感じました。

選手も、監督も「改革」していかなければなりません。

厳しい冬を楽しく乗り越え、一回り大きくなった姿を見せることができるように頑張ります。

 

【保護者会より、新規格バットの寄付をいただきました】

来春より、金属バットの規格が変わります。

公立高校の数少ない予算の中で、どう準備をしようかと頭を抱えていたところ、元保護者会・OBの保護者の方からバット8本を寄付していただきました。

保護者会の皆様、そして支援いただいたOB保護者会の皆様には、この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

困っていれば周りが援助してくれ、欲しいものはすぐに揃えてもらえる。

決して当たり前のことではありません。

だからこそ、一生懸命取り組むのは当たり前のことです。

感謝の気持ちを胸に、1日1日、精進していきます。

 

 

【野球部 活動報告】 夏休みを終えて

久しぶりの更新です。

 

長い夏休みが終わり、2学期に突入しました。

選手たちは、長い夏休み必死に練習に取り組みました。

このチームで感じたことは、「練習を休まない選手が多い」ということです。

一見、当たり前だと思われがちですが、意外に難しく、そして最も重要なことだと思います。

毎日グラウンドに来て、継続的に練習に取り組む。「効率よく」という考え方も大切ですが、技術向上の根本は「継続する」ということだと、この夏を通じて選手たちには伝えてきました。

新人戦では、花咲徳栄高校と対戦し、全国クラスの野球を肌で感じることができました。実際に戦うことが、一番の勉強です。この経験を生かしてほしいものです。

まだまだ未熟ですが、伸びしろたっぷりなチームです。これからも粘り強くやっていきたいと思います。

まずは、秋の大会!一戦必勝で頑張ります!!

野球部 第2回体験部活動について

本日、1回目の体験部活動を行いました。

 

多くの中学生に参加していただきました。

やはり、みんなでやると活気があっていいですね!

酷暑の中、参加いただきました中学生の皆さん、そして保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

ぜひ、本校野球部を進路選択のひとつとして考えていただければと思います!!

 

さて、本校野球部では2回目の体験部活動を実施します。

日時:8月25日(金)  受付 8:30〜9:00

    ※練習終了予定は11:30です。当日の気温によっては、終了時間を早める可能性もあります。

 ※雨天の場合は、内容を変更して実施します。

 

持ち物:野球道具一式

    筆記用具

    飲み物(多めに持ってきてください)

 

⚫︎連絡事項

 1、申し込みについて

  申し込みフォーム  ←こちらから申し込みをお願いします。

 2、その他

  ・本校の負担で傷害保険に加入します。

  ・保護者同伴でない場合は、「参加同意書」を御記入の上、当日御持参ください。

   参加同意書 ←こちらからダウンロードをお願いします。

  ・この日に御都合がつかない場合は、顧問に連絡をしてください。別途対応いたします。

  ・御質問・御相談等ございましたら、以下の連絡先までお願いいたします。

   学校TEL  0480-92-1505(野球部顧問 金子・山下)

   顧問mail  kaneko.shotaro.1d@spec.ed.jp

皆様の参加をお待ちしております。 

 

野球部 体験部活動について

【中学生の皆様へ】

 昨年度は実施できなかった、夏休みの体験部活動を実施します!

 本校教育活動の柱である部活動を多くの中学生に体験していただき、進路選択の参考にしていただければと考えております。

白岡高校野球部の活動方針や目指すべき選手像など、中学生の皆様にはもちろん、保護者の方々にもしっかりと説明させていただきます。
 申込みは、ホームページから。トップページの申込みフォームからお申し込みください。

 ※こちらからでも申込みは可能です。

日 時:令和5年8月5日(土) 13時00分〜16時00分 
場 所:生徒玄関
持ち物:野球道具一式(ユニホーム・スパイク・グラブ等) 筆記用具 飲み物(暑くなることが予想されます。多めに持参してください! 
内 容:学校概要説明
    グラウンドへ移動後、ウォーミングアップ・フリーバッティング・シートノック等    

※雨天の場合は、内容を変更して実施します。
※気温が高くなることが予想されます。体調を整え、飲み物を必ずお持ちください。

 

【当日、参加できない中学生の皆様へ】

別途で対応いたします。御質問・御相談等も受け付けておりますので御連絡ください。

監督・金子章太郎 mailアドレス:kaneko.shotaro.1d@spec.ed.jp


白岡高校電話番号 0480-92-1505(野球部顧問:金子・山下まで)
 

野球部 夏の大会を前に【顧問より】

いよいよ、夏の大会初戦まであと1週間となりました。

いよいよ始まる期待と、緊張感をもって、日々の活動に臨んでいます。

 

この代は、新人戦・秋・春と、満足のいく成績は残せていません。

チームが始まったときは、負けることに慣れてしまっていていて、勝負の土俵に立てていませんでした。

しかし、冬を越えると選手の雰囲気が変わり、負けることに「悔しい」と思えるようになりました。

春の大会で負けた後、多くの選手が泣いていたのをみて「やっと勝負の世界に入ってきたな」と感じました。

 

今もチームは発展途上です。

ここまで来たら、最後は選手たちの「底力」です。

選手たちが自分のベスト、いやベスト以上の力を発揮できるよう、全力でサポートしていこうと思います。

選手は今、期末考査期間の大事な時期です。本来であれば、勉強に専念させる時ですが、大会もあるので部活と勉強を必死に両立しています。

朝早く、学校に来て勉強し、練習をして、すぐ家に帰りまた勉強・・・

素晴らしい高校生活です!

1日1日、1分1秒を大切にして「熱い夏」を迎えます!

 

野球部 春の大会を終えて

先日、春季埼玉県大会東部地区予選が行われ、庄和高校に11ー12で敗戦しました。

幸先よく先制したものの、庄和高校さんの素晴らしい攻撃で失点を重ね、4回を終わって3−7となってしまいます。しかし、ここから連打で再逆転し、8回表を終わり9−7とします。しかし、その裏に長打等で5点を失い9−12に。このまま敗戦かと思いきや、最終回に怒涛の反撃を見せ、2点を追加。しかしここで万事休す。1点差で負けてしましました。

 

このチームは、秋の敗戦後から、毎日コツコツと努力をしてきました。決して派手さがあるチームではありませんが、地道な練習を一生懸命積むことができています。

その成果もあり、昨秋は2安打で敗戦しましたが、この試合は14安打。バットを振り込んだ成果も出ています。

 

しかし、勝たなくてはいけない。勝負事ですから。

敗戦翌日から、選手たちは夏に向けてスタートを切りました。

もう「いい試合だったけど惜しかった」で終わりたくない。後二ヶ月、チーム一丸となって練習をし、夏に挑もうと思います。

【野球部】 新入生入部希望者の皆さんへ

 合格おめでとうございます。そして、候補者説明会はお疲れさまでした。

さて、これから春休みに入ると思いますが、野球部として、春休みの新入生練習参加の時間は設けておりません。

理由は、入学前の課題をしっかり取り組み、課題考査に備えてほしいという思いがあるからです。

入学後からでも、野球に打ち込める時間は十分あるので、まずは、学校生活に慣れることからはじめましょう。

学校生活でいいスタートが切れれば、部活動も充実した時間になります!

 

 

4月10日の入部説明会で、お会いできることを楽しみにしています。

なお、練習試合等の見学はいつでも受け付けております!

特集ページ
【第97回 選手権埼玉大会】
★快挙・創部初の準優勝★
【決勝・試合結果】
7月28日(火)
県営大宮公園野球場
白  岡 10000 0001 =2
花咲徳栄 02100 200x =5
Cシード花咲徳栄高校に、2-5で敗退しました。
創部初の準優勝です!!
ここまで来れたのは、選手の頑張りはもちろん、たくさんの方々の応援のおかげです!!
野球部一同感謝申し上げます。ありがとうございました!!

【準決勝・試合結果】
7月26日(
県営大宮公園野球場
白  岡 11000 0101 =4
浦和学院 10000 0000 =1
Aシード浦和学院高校に、4-1で勝利しました。
これで、創部初の決勝進出です!!

【準々決勝・試合結果】
7月25日(
市営大宮球場
白 岡 21021 0040 =10
埼玉栄 10003 2300 =9
埼玉栄高校に、10-9で勝利しました。
これで、創部初のベスト4、準決勝に進出です!!

【5回戦・試合結果】
7月23日(木)
上尾市民球場
白 岡 00004 0000 =4
桶 川 00100 0000 =1
桶川高校に、4-1で勝利しました。
これで、創部初のベスト8、準々決勝に進出です!!

【4回戦・試合結果】
7月21日(火)
県営大宮公園野球場
川 口 00000 02000   =2
白 岡 01000 00101x =3
(延長10回)
県立川口高校に、延長10回サヨナラ勝ちとなりました。
これで、創部初のベスト16、5回戦に進出です!!

【3回戦・試合結果】
7月19日(日)
県営大宮公園野球場
白   岡 00032 4000 =9
成徳大深谷 00202 0000 =4
Bシード成徳大深谷高校に勝利しました。

【2回戦・試合結果】
7月14日(火)
越谷市民球場
白 岡 68102 =17
松 伏 00000 =0
(5回コールド)
3人の投手リレーでノーヒットノーランを達成しました!

【1回戦・試合結果】

白 岡 01130 03 =8
川越南 00000 00 =0
(7回コールド)
初戦を7回コールドで突破しました。

入場者数
5 7 7 6 5