校長室より

日誌

今日から期末考査

久しぶりの投稿となってしまいましたが、白岡高校では、今日から期末考査が始まりました。
実は、5月中旬に中間考査、7月上旬に期末考査の予定でしたが、臨時休業が長引いたため、1学期は、定期考査を含め大きく予定を変更することとなり、この時期での期末考査となったわけです。
生徒にとっては、中間がなくなり、試験が1回になったことは、嬉しいことなのかどうかわかりませんが…。
様々な制約がある中での授業でしたが、学習の成果をしっかりと期末考査で発揮してほしいものです。
期末考査は、来週7月20日(月)まで続きます。「頑張れ、白高生!」

  

0

飛沫感染予防のためのアクリルパーテーション

新型コロナウイルス感染症対策として、昨日すべての教室に飛沫感染予防のためのアクリルパーテーションを設置しました。
実は、教卓前には既にビニールシートを設置してありましたが、実際に授業を行ってみると、先生方から「黒板が見づらい」「プロジェクターを使うときに不便だ」などの声が寄せられていました。
そんな折、市内にお住いの川名さんという方が白高生のためにアクリルパーテーションの試作品を作ってくださり、届けてくださいました。
学校にとっては大変ありがたいお話で、川名さんのご厚意に甘えて、全教室分をお願いしたところ、22日からの通常登校に間に合うように、大急ぎで作成してくださり、昨日、全教室に設置することができました。

「川名さん、ありがとうございました。大切に使わせていただきます。」

 

0

オンライン情報交換会

昨日6/15(月)、午後4時から約45分間、「ICTを活用した学びについてのオンライン情報交換会」が実施されました。
本校からは、2名の先生が参加し、他校の先生方や総合教育センターと高校教育指導課の指導主事さんたちとの情報交換を行いました。
どの学校も臨時休業中の生徒の皆さんへの指導に苦労があったこと、また、校内で研修会を何度も開いて、課題や動画の作成を少しずつ進めてきていることなど、共通の悩みや苦労があることが分かりました。
それと同時に、白岡高校では、かなりきめ細かく生徒の皆さんへの学びの保証ができていることが確認でき、先生方の熱心な取組に改めて感謝する機会となりました。

【参考】他の参加校:芸術総合高校、松山高校、川口高校、浦和工業高校、岩槻高校、岩槻商業高校

 

0

校舎内 あちこち

校舎内のあちらこちらに、新型コロナウイルス感染拡大の対策が行われています。

いくつかご紹介します。 

 

 

 

0

新型コロナウイルス感染予防最前線

来週からの本格的な登校再開に向けて、感染予防の様々な準備が進められています。
保健室は、感染予防の最前線基地となっています。
マスクに手袋、フェイスシールド、消毒セットなどなど。

生徒の皆さんも一人一人、しっかりと防止対策をお願いします。

消毒セット1消毒セット2フェイスシールドビニール手袋

 

0

久しぶりの登校

早いもので、今日から6月です。
長かった臨時休業がやっと終わり、今日は、午前中に2年生、午後に3年生が登校してきました。1年生は、明日の午前中の予定です。
久しぶりに生徒の声が学校に戻ってきました。
今週は、週1回の登校、来週以降も分散登校・時差通学がしばらく続きます。
通常登校までには、もう少し時間がかかりますが、全校が揃うまで、もうしばらくの辛抱です。

 手洗いの徹底 三密を避けて

 2学年主任講話 進路指導主事講話

 

0

人生で初めての経験

生徒の皆さん、お元気ですか。
先週、私のメッセージ動画を見てくれたみなさん、ありがとうございました。
私自身、ネットに動画を載せるのは、長い教員生活で初めて、というより、人生で初めての経験でした。
自分でも動画を見ました。伝えたいことがうまく皆さんに伝わったのかどうか不安でしたが、皆さんからたくさんの前向きな感想をいただいたので、一安心しているところです。
少しだけですが、いただいた感想を紹介したいと思います。

・新しいことに挑戦するという言葉にとても共感を持てました。(3年)
・白高生として、3年生として自覚を持って進路のことを考え、学校再開後に苦労しないようにこの休みをチャンスだと思い、前向きに今やれることを精いっぱいやりたいなと思いました。(3年)
・久しぶりに校歌を聞きました。そして、校長先生の言葉で少し励まされたような気がします。(2年)
・先生たちも生徒と一緒になって頑張ってくれているので、自分もやるべきことはちゃんとやろうと思いました。(2年)
・いい意味の開き直りをして、今だからできることをしたいと思いました。(1年)
・失敗を恐れずに、今できることを考えて挑戦してみたいと思いました。(1年)

皆さん、どうもありがとうございました。
学校再開まで、もうひと踏ん張りです。

「がんばれ、白高生!」

 

0

ウェブ会議

今日は、Google Meetを使って職員会議と不祥事防止職員研修会を行いました。
通常は、大会議室で行っていましたが、3密を避けるため、会場を分散してウェブ会議としました。
初めての取組で、うまくいくか不安もありましたが、大きなトラブルもなく、うまく行うことができました。
今後も、大いに活用できそうです。

    

0

今だからできること

生徒の皆さん、お元気ですか。
先週の後半からGoogle Classroomに登録し、担任の先生や教科担当の先生とインターネットを通してですが、コミュニケーションがとれるようになって良かったと思っています。
一生懸命にGoogle Classroomの勉強をして、準備してくれた先生方に感謝したいですね。
さて、臨時休業が長くなり、学校に行けない、友達と会えない、部活動ができない、とできないことずくめの日々ですが、「今だからできること」を何か探して、取り組んでみてはどうですか。
学校が再開したら、どんなことができたか、是非、校長室まで報告に来てください。
楽しみに待っています。

 

0

地域に貢献する白高OB

今朝の埼玉新聞に「県東部の若手経営者6人 子ども用マスク4千枚寄贈」という記事を見つけました。
その中のお一人、杉戸町で整骨院をなさっている馬場茂明さんは、白岡高校の25期生(平成15年度卒業)で、バスケットボール部で活躍され、関東大会やインターハイにも出場した選手でした。現在のバスケットボール部顧問の金谷豪先生の3年後輩だそうです。
馬場さんには、医療系に進学するバスケットボール部の卒業生に研修の場を提供していただいています。また、平成30年度から取り入れた「インボディ」測定により、選手の体調管理や体力強化、体のケアのサポートなどにもご協力いただいていて、令和元年度の関東大会出場に大きく貢献していただきました。
本校の目指す学校像にもある「地域に貢献する」素晴らしい卒業生がいることは、白岡高校の誇りですね。

(注)インボディ測定とは、体を構成する基本成分である体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪を定量的に分析し、栄養状態に問題がないか、体がむくんではいないか、バランスよく発達しているかなど、人体成分の過不足を評価する検査です。

 

0
校長室より

校長 岩井 幸一