校長室より

日誌

みなさんの御協力に感謝いたします。

 恒例、マラソン大会が利根川土手を利用して、絶好のマラソン日和の中実施しました。

PTA体育振興委員会、PTA本部、保護者ボランティアの皆さんの御協力のもと参加生徒全員が完走しました。また、通過した地域の皆様には、通行で御不便をおかけしました。御協力有難うございました。

 開会式(旧栗橋町 利根川河川敷)           スタート地点(堤防上)

   

        加須未来館             スカイスポーツ公園            

   

   

 トップグループ 日清ヨーク付近通過

  

  

       親水公園              ゴールまで50m(葛西用水沿い)

    

 

   ゴール 大天白公園(羽生市)

  
0

 対称

 10月になりました。早速、華道部の皆さんが校長室に届けてくれました。
 華材は 石化ベニシダ、ガーベラ、カーネーション、クジャク草 です。
 
 校長室が華やかになりました。本当に有難うございます。
0

Lのスタイル

 今週の華道部さんの作品です。花材は、風船とう綿、りんどう(青)、エリカ です。
  
0

豪州 姉妹校 ヘレンズヴェイル高校生と交流を深めました。

 今年も姉妹校ヘレンズヴェイル高校の皆さん 生徒12名 教員 2名の14名が到着しました。

 9月21日~26日まで本校で日本の高校生活を体験しました。学校内では本校のボランティア生徒がレンズヴェイル生のスクールバディとして行動をともにし、交流を深めました。

 また、ホストファミリーは本校の国際交流事業を御理解いただき、快くお受けいただいた地域の皆様です。大変お世話になりました。

   【ホストファミリー対面式】

   

 

     【白岡市長表敬訪問】

   

  

  【家庭科の授業】 三色丼を作りました。

  

 
    【フェアウェルパーティー】             【新白岡駅での別れ】
 
 

  PTA後援会の皆さんが準備していただき、盛大に心のこもった会を開催しました。また、学校の近所にお住まいの 木村 敏博 様から連鶴のプレゼントがあり、互いに強い絆で結ばれていることを確認しあいました。

 お世話になったすべての皆さま、大変有難うございました。

0

第41回ありの実祭

本校の文化祭「ありの実祭」は、生徒の企画以外に、地域のみなさんとの交流の場にもなっています。

 ○新白岡悠友会の皆様

     コーラス発表                 制作作品の展示

   

  

 ○白岡市立「東ありの実館」 様           ○白岡市商工会 様

   

 

 ○障害者支援施設「太陽の里」様        ○修学旅行特別企画「和歌山県物産展」

   

 
 御協力有難うございました。

0

就職希望者 面接練習しています

 2学期始まり初日から、9月16日の就職試験解禁に向けて、就職希望者全員に対し面接練習を実施しています。今日は、第2日目 これまでに13名と行いました。明日も6名の生徒と面接練習を行います。生徒は個々準備には差があります。本番までにしっかり準備して、第一希望を勝ち取ってくれることを期待しています。

0

恒例『白岡まつり』に参加しました

 8月5日(土)白岡市挙げて開催される「白岡まつり」に参加しました。

祭り全体のアナウンスは、放送部が全てを行っています。
放送部員のみなさん、お疲れ様でした。
また、美術部がポスター制作に協力しています。
 

また、毎年多くの団体が参加する「白岡おどり」、今年も白岡高校PTAとして連を組み、1時間ほど練り歩きました。

  

最後は、花火を鑑賞し、一夏の思い出になりました。

0

学年保護者会を開催しました。

 7月22日(土)快適ハイスクール工事のために駐車場でご不便をおかけする中、10時から12時過ぎまで、各学年の保護者の皆さんに参加いただきました。

 ○全体会

  PTA会長挨拶

  校長挨拶

  学校からの説明 教務部 生徒指導部 進路指導部

  質疑応答

 ○学年別懇談会

  学年からの概要説明

  意見交換

 <各学年の様子>
 
 

     1年 視聴覚室                2年 図書室

 

      3年 大会議室

 ○全体会

  懇談会報告

  質疑応答

0

放課後の様子

 救命救急講習会

 東部消防組合 白岡市消防署の皆さんに来校いただき、夏休み中の部活動を前に運動部と吹奏楽部の代表者30名に、「普通救命講習Ⅰ」心肺蘇生法について指導いただきました。

参加した生徒は、およそ3時間 冷房は利いていましたが、「救命のリレー」を修得するため真剣に取り組んでいました。

 

 

 12日の初戦に向けて野球部と吹奏楽部合同の応援練習

 この応援がスタンドに鳴り響き、選手のパワーを掻き立てます。

 

0