日誌

わんぱく笑店街

 11月23日(月)の勤労感謝の日に、白岡市内で「わんぱく笑店街」が開催されました。この行事は、小学生が商品を仕入れて販売をすることによって仕事を実体験するという行事です。400人以上の小学生が店舗を並べ、それぞれが用意した商品を元気よく販売していました。毎年、白岡高校の生徒がボランティアとしてこの行事のお手伝いをしています。また、毎年、本校の放送部が開会式や閉会式の進行、出演者の紹介などを行っています。さらに今年は、夏の高校野球埼玉大会で準優勝した本校野球部の選手が招かれ、開会式の中で、応援してくださった市民の皆様にお礼の言葉を述べました。