校長室より

2010年9月の記事一覧

フェアウエルパーティー

惜別(オーストラリア姉妹校のヘレンズヴェイル高校から迎えた、13名の生徒のフェアウエルパーティー(9月22日 十五夜 18:00~)でのあいさつから)
 On the calendar,tonight is Jyugoya. In Japan,we have a traditional event called "Otsukimi," moonlight viewing tonight. Preparing moon shaped dumplings,fresh taros and panpas grass,we offer to the moon. Then we observe the beautiful moon with family members. It is a special occasion for Japanese to feel the seasonal change.
  ホームステイを通して、13名の生徒一人一人が肌で感じた日本を、素晴らしい思い出としてこれからずっと大切にしてもらえることを願っています。また、今回、本校生徒の御家庭以外にも、地域の多くの方々がホームステイの受け入れに御協力いただきました。深く感謝申し上げます。
0

芸術鑑賞会

奇跡(オペラ・ショウ「奇跡の人」開会のあいさつから ;9月21日、久喜総合文化会館にて)
 今年度の芸術鑑賞会は、オペラ・ショウ「奇跡の人」です。
 ヘレン・ケラー、見ること・聞くこと・話すこと いずれもできなかった彼女と、家庭教師の「奇跡の人」アニー・サリバンの物語です。
 人が変わるとき、とくに人が人を変えようとするときは、とても大きな困難(奇跡)があります。このことから、私自身、今日の芸術鑑賞会をとても楽しみにしています。
 生徒の皆さんも、自分自身と皆さんを周りで支えてくれている人たちのことを思いながら見て欲しい。
0

ありの実祭

Freedom
 9月17日の開会式で、今年度の文化祭「ありの実祭」のテーマ「Freedom!~白高革命」を基に、校長あいさつの中で次のような話をしました。
 Freedom(自由)は一生懸命頑張らないと手に入れることができません。しかし、ただ一部の人たちだけが一生懸命頑張るだけではだめです。「みんなで」頑張ることが大切な条件です。今年は昨年に比べてずいぶん早くから準備や練習を始めたクラスや団体があるようです。期待しています。
 
 9月21日の閉会式では、ホームルーム部門、文化部部門、ステージ発表部門で、それぞれ上位3位までのクラス・団体に表彰状を授与しました。とくに、今年はステージ発表で、数多くのすばらしいパフォーマンスが見られました。
 一般公開日の9月18日(土)には、835名の来校者があり、年々増加しています。本校にとって、大変うれしく、またありがたく思います。
 
0

2学期始業式

横溢(始業式の校長講話抜粋)
 2学期が始まります。
 季節はしっかり秋に向かっています。人が季節を感じるきっかけは、暑さ寒さ、空気のにおい、風の向き、水の冷たさ 等、いろいろですが、影響を大きく受けるのは太陽の光です。日の出や日の入りの時間、南中高度から人は季節を感じるのです。
 植物の世界でも、朝顔の花がいつ開くかというと、前日に太陽が沈み、辺りが暗くなったときから10時間後に開花するそうです。朝、明るくなると自然に花が開くわけではないのです。
 このように、人も朝顔も光の変化で季節や時間を感じ取る仕組みが、体に備わっているのです。ちなみに、1学期の終業式、7月20日は日の出が午前4時39分、日の入りが午後6時56分でした。今日、9月1日は日の出が午前5時12分、日の入りが午後6時10分です。
 まだしばらく暑い日々が続きそうです。でも、秋です。ありの実祭(文化祭)や修学旅行を始めとして、皆さんが楽しみにしている学校行事も数多く計画されています。また、部活動では1,2年生での新しいチームづくりを充実させる時期です。そして、3年生は、それぞれの将来を大きく左右する進路決定のための大切な時期です。
 暑さに負けずに、そして、暑さを言い訳にすることなく、クラス担任や部活動顧問の先生方の指導の下で、皆さんの力を存分に発揮して欲しい。
0