校長室より

2011年8月の記事一覧

言葉には心を支配する魔力がある

夏休み全校登校日あいさつ
・・・・・・・・・・・
 ある本に「言葉には、心を支配する魔力がある」という一文がありました。
 言葉にすると、不思議にそうなるということです。その際、前向きな言葉を口にしなければ
いけません。人生には「プラス思考」がとても大切だということです。
 例えば、飲み物が半分残っている時に、「もう半分しかない」と嘆くのか「まだ、半分もある」
と喜ぶのかということです。夏休みに入る前にも話しましたが「ポジティブシンキング」が大切
ということです。
 受験や就職に向かう者は、毎日「絶対受かる」「絶対受かる」・・・・・・と10回繰り返して言ってみてください。そうすれば、願いは叶います。叶うという字は口へんに十と書くでしょ(^^;)。
決して十一回はいわないように、十一回口にすると吐くからね。
 しかし、何もしないで、受かるぞと叫んでばかりではダメ。努力をすることが大切です。
努力をすれば報われるとは言わないけれど、成功した人は、必ず努力をした人です。
残りの夏休みを有意義に過ごしてください。

0