校長室より

2011年11月の記事一覧

夢に向かって全力で(11月全校集会)

・・・・・・・・

人生には時としてレンガで頭をぶん殴られるようなひどいことも起きる
ものだ」とスティーブ・ジョブズは言っています。

では、なぜ彼が再起できたのかというとこんなことを言っています。

「信じることを止めてはいけない。私がここまで続けてこれたのは、自分が
やってきたことを愛しているからということに他なりません。君たちも自分
が好きなことを見つけなければなりません。それは仕事でも恋愛でも同じこと。
これから仕事が人生の大きな割合を占めるのだから、本当に満足を得たいの
であれば進む道はただひとつ、それは自分が素晴らしいと信じる仕事をやる
こと。さらに素晴らしい仕事をしたければ、好きなことを仕事にすること。
もし見つからないなら探し続けること。愛する仕事というのは、素晴らしい
人間関係と同じで、年を重ねるごとに自分を高めてくれるものです。
だから探し続けること。」

これは、スティーブが2005年の6月にアメリカのスタンフォード大学の
卒業式に招かれて講演した時の話です。そして、最後にあの有名なフレーズを
言っています。 Stay Hangry , Stay Foolish

・・・・・・・・・・・

今月の4日には、北原照久さんの講演会がありました。
最後に、北原さんの講演を聞いた1年生のある生徒の感想を紹介して話を
終わりにします。
「最近、進路について、中学生の時よりもよく考えるようになった。
中学の時から思っていた自分のなろうとしていた夢は、本当に自分のなりたい
ものなのか、その夢と一生一緒に生きていくことが出来るのだろうかと考える
ようになった。しかし、今回、北原さんの話を聞いて、○○さんに会いたいとか、
本当に心の底から思うものならば、それが夢でもいいのかなと思いました。
もし、○○さんに会いたいとか、○○になりたいと思うものがあれば、
それを夢にしていこうと思います。
高校生活の中で、それを見つけることができたら全力でそこに向かっていき
たいと思います。」
 ・・・・・・・・・・・
0

勉強しなければ夢をみることはできない

11月4日に、本校で北原照久氏の講演がありました。
経験から生まれた「夢の実現」の話は説得力がありました。
北原さんの夢を実現するための10ヵ条はいつ聞いても
その通りだなと思うものばかりです。
1 プラス思考する
2 勉強する
3 素直になる
4 関心を持つ
5 感動する
6 感謝する
7 ツイてるひとと付き合う
8 親孝行する
9 ほめる(相手も自分も)
10
 ツイてると思い込む
 親孝行をすること以外はお金がかからない。親孝行をすることの1つとして、
自分の誕生日に、親にプレゼントをしてあげて欲しいと語られました。
「生んでくれてありがとう」と感謝の言葉と共に、もし、親がいなければ
墓参りをすればいいとも。
また、ほめることをどんどんして欲しいとも。常にプラス思考で、
ありがとうツイてるを口ぐせにして欲しいと言っています。
もし、ついていないと言ってしまったら、必ず、最後に、
「でも大丈夫、本来自分はついているんだから」と必ず自分自身に
言っておくことが大切。

また、夢を実現するためには
1 想いを持つ
2 具体的イメージで夢見る(潜在意識に入れる)
3 熱く語る(手助けする人と出会う)
4 目標に向かって突き進む
5 夢がかなう
 熱く語ることでは、妄想と言われても10人に話せば1人くらい
「それ良いよ、すごいよ、叶うんじゃない。」と言ってくれる。
100人に話せば10人になり、1000人に話せば100人になる。
なるほど、と感じました。
 講演が終わった後の話の中で、北原さんがこんなことを言っていました。
 年齢と共に、記憶力が良くなっていくんですよ。僕は、勉強好きだから、
どんどんいろんな事を吸収することができるんです。
もっともっとやりたいことを実現していきたいし、いろんなことに
挑戦していきたい。フィールドを広げ、事業を世界へ向けて展開して
いきたいという思いもあります。と、そして、
勉強好きでなければいけない。勉強しなければ夢をみることはできない。
という言葉が印象的でした。

0