校長室より

2012年4月の記事一覧

校歌について(対面式にて)

○ 新入生のみなさん、入学おめでとう。本日は、入学式に続いての生徒会主催の上級生との対面式です。これから、生徒会長の歓迎の言葉や、校歌の紹介の後、上級生の皆さんによる部活動紹介があります。本校は部活動が盛んな学校です。1年生は全員部活動に入ることになっていますので、どの部に入るかの参考にして下さい。

○ この後、校歌の紹介がありますが、本校の校歌の作詞作曲者について紹介します。

○ 今、皆さんの向かって左側に、校歌が掲げてあります。作詞者作曲者があるとおもいますが、作詞者は池田充男(むつお)氏、作曲者は鶴岡雅義氏となっています。私くらいの年代の人は、この鶴岡雅義という名前を見ると、「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」という真面目な感じのおじさんバンドを思い出します。「小樽のひとよ」なんていうヒット曲もありました。

この「小樽のひとよ」の作詞者が池田充男氏、作曲者が鶴岡雅義氏です。

○ 開校当初、校歌を作るに当たり、「白岡高校を育てる会」(町議会議長や教育委員長や中学校長など)の中島さんが鶴岡雅義氏と篠津小学校時代の同級生ということで、校歌の作曲をお願いしたところ、快く引き受けて下さり、作詞も池田充男氏にお願いしたとのことです。

○ 本校の10周年記念誌に以下のように書かれています。

○ 作詞の池田充男氏は、作詞にあたって構想を練るためわざわざ本校を訪れ、立地条件を調査するほどの熱の入れようだった。数ある校歌の中には、見えもしない富士山や、ありもしない清流が読み込まれていることもあると聞くが、本校からは正真正銘、富士山が見える。二番に読み込まれた「貝塚」は、皿沼(さらぬま)遺跡など町内に多く見られる縄文時代からの遺構で、この地に早くから文化が開けていたことが伺える。三番の「あすなろ」は校門に入ってすぐ右手の記念植樹で、明日への希望をうたっている。

○ そして、作曲が先ほどの鶴岡雅義氏で、鶴岡氏は作曲に当たり、だれでも口ずさめるよう、平明(へいめい、わかりやすくはっきりしていること)でおおらかな感じを心がけたと言い、その言葉通り、従来の校歌にはない、若々しさと新鮮さがみなぎっている。

 特にリフレインの「胸には理想、ペンに夢」の部分にさしかかると、在校生は一同に力づけられ、卒業生は、楽しかった学生時代に思いをはせるという。

○ 皆さんには、このように、本校の由緒ある校歌を、是非胸をはって大きな声で歌って欲しいと思います。
○ ちなみに、三番にある「あすなろ」の花言葉は、「不変の友情」「永遠の友情」です。今日の対面式で、先輩と後輩の変わらぬ友情が築かれることを期待します。

 

0

師弟の絆を深める

○ おはようございます。本校2年目となりました。本年度も一年間よろしくお願いします。創立36年目を迎えた本校の発展・充実のために、微力ながら全力を尽くしたいと思いますので、よろしく御協力の程お願いいたします。
○ 「教育はひとなり」と申します。昨年度の先生方と生徒達を見てみますと、先生方は、厳しさの中にも愛情を持って生徒を導いていて、誠に本校の生徒は恵まれていると思いました。私も、そのような先生方と共に教育に専念できることを大変幸せに思っています。
○ 絆という言葉が、昨年から多く使われるようになりました。
酒井雄哉師がその著書の中でこんなことを言っています。
 「絆」というのは、もともとは、牛や馬をつないでおく綱のことだった。牛の鼻に輪がついていて、そこに紐が結びつけてある。あの紐のことを「絆」と言っていた。その紐を人間が引っ張ってリードしていた。大事なのは、その紐を持ってリードする人間なんだ。いい道へ導いてあげる人がいて、その人に導いてもらう。本来の人間の「絆」というのは、自分をいい方向に導いてくれる人がいて、導いてもらう。それで、その人に感謝するから「絆」が生まれていく。
・親にいい方向に導いてもらって、子どもはそれに感謝して「親子の絆」が生まれる。
・お兄さんやお姉さんにいい方向に導いてもらって、「兄弟姉妹の絆」が生まれる。
・夫婦で導き合って「夫婦の絆」が生まれる。
・先生にいい方向に導いてもらって、生徒はそれに感謝して「師弟の絆」が生まれる。
と言っています。
是非、先生方には、教師と生徒の絆を深めていただきたいと思います。
○ また、教師は、お互い専門性が異なるだけに、ひとつになりにくいと言われていますが、白岡高校の生徒を育てるという共通の目的に向かって、是非心をひとつにして頑張って頂きたいと思います。
○ 昨年度も申し上げましたが、私の学校経営の理念は、「生徒に夢を、先生方に希望を、学校に未来を」です。生徒が夢をかなえたいと努力する、それを指導し、援助してやるのが教師です。そして、教師は、生徒が夢をかなえることが出来た時、無常の喜びとともに、新たなる希望を抱くことが出来ます。そこに学校の未来が開け、新しい歴史が刻まれていくそう考えています。
○ 従って、ことを運ぶ上で判断の基準となるものは、第一に、「それは、生徒のためになるか」ということです。どんなよいと思ったことでも、それが生徒を育てる上でプラスになるものでなければなりません。逆に言えば、多少無理があっても、それが、生徒を育てる上で本当にためになることであるなら、取り組まなければならないということもあるということです。
○ いずれにしましても、私は先生方の人間としてのすばらしさ、教師としての資質・能力を全面的に信頼し、今年度も、学校経営に当たっていきますので、今後とも御協力の程よろしくお願い申し上げます。
0