校長室より

2012年9月の記事一覧

国際交流(2学期始業式)

さて、今、白岡高校の校歌を聞きました。
皆さん、白岡高校を誇りに思い歌いましたか。
私は、白岡高校の校歌を、7月25日の水曜日、日本から約7000km(飛行機で約9時間)離れたオーストラリアの地で聞きました。
それは、本校の姉妹校ヘレンズベル高校へ到着した時のことです。
校長先生をはじめ多くの先生方や生徒、ホストファミリーの方々が日本の国旗を掲揚してくれて歓迎してくれました。
その時、白岡高校の校歌を流してくれたのです。白岡高校の校歌をオーストラリアの地で聞くとは思っていませんでしたので、大変感動しました。オーストラリアで聞く校歌は格別でしたね。
また、出迎えてくれた人の中に、白岡高校の制服を着た男性がいたんです。しっかり校章もして、ネクタイもしていました。
後でわかったのですが、その男性は「マーカス」という名で、2006年に白岡高校へ1年間留学していた生徒であるということでした。そして、今、ヘレンズベル高校の教員になっていたんですね。
オーストラリアの地で、白岡高校を誇りに思い制服を着て出迎えてくれたマーカス君に私は感動しました。
異国の生徒達が誇りに思ってくれている白岡高校の名を汚さぬようしっかり交流をしようとの意を強くしました。
又、今月の、20日(木)~26日(木)まで、ヘレンズヴェル高校から、11名の生徒と2名の先生が本校を訪問いたします。
国際交流は、こちらから行く場合は、異文化体験や国際理解がともすれば個人の財産になりがちな場合もありますが、
受け入れることは、異文化体験や国際理解を、生徒・保護者・先生方・地域社会全体の共有財産とすることができる貴重な体験となると思います。積極的な交流をお願いします。

0