校長室より

2013年4月の記事一覧

相手を理解し,ゴールまで共に伴走を(3年進路説明会)

419日(金)、20日(土)の両日、3年生の保護者対象進路説明会を実施しました。あいさつの一部を掲載します。

…………
 高校入学からもう2年がたってしまいました。就職希望の生徒さんは、すでに2年生の後半から準備が始まっていいますが、試験まで残り5ヶ月を切ってしまいました。大学や、専門学校等への進学を希望している生徒達も種別や、試験の形態により時期は前後しますが、いよいよラスト1周の鐘が鳴ったところです。悔いのないラストスパートをかけてもらいたいと思います。
 さて、保護者の皆様には、まず、お子様が希望する相手(会社や学校)をよく理解していただくと共に、その相手を攻略するために必要なもの(費用や入試形態)についての情報を得ていっていただくことが大切だと思います。
 かつて、私が担任を持っていた時、三者面談をすると「進路については、私はわからないので子供に任せてあります」といわれる保護者の方が多くおられました。本当にそれで大丈夫なのでしょうか。
 実際にふたを開けてみると、「そんな会社では」とか、「そんなにお金がかかるのでは無理だから、進学は考え直して欲しい」といったトラブルが時には起きてきます。早い時期から今の進路事情をしっかり理解し、どのような選択が本人のためになるのか、お子様とよく話し合っていただければと思います。
 もう一つは、親の役割として、何よりもお子さんの健康管理をしっかりしてあげていただきたいと思います。受験生は心身共に疲れてきます。ぜひ、温かく見守ってあげて下さい。
 それでは、本日の説明をよくお聞き頂き、1つでも何か参考になったというお土産を持ってお帰りいただければ幸いです。
 それでは、それぞれのゴールまで伴走して頂けますようお願いしてあいさつと致します。


0

新年度のスタートにあたり(第1学期始業式)

………… 
 新年度がスタートしました。3年生はいよいよ最終学年となりました。自分の進路実現のため勝負の年になると思います。ただ夢を見ているのではなく具体的な目標・計画をしっかりと立て悔いの残らぬ一年にして下さい。2年生は、学校の中心として一番輝ける年だと思います。勉強に部活動にしっかり励んで下さい。
 さて、この春休みには、浦和学院高校の選抜高校野球優勝という素晴らしいニュースがありました。埼玉県は高校野球が強いという印象がありますが、春夏を通じて優勝は45年前の大宮工業高校に次いで2校目ということになります。まさに快挙ですね。
 優勝した浦和学院の選手たちもちょうど23年生ですから君たちと同じです。ピッチャーの小島君は,2年生でしたね。何が君たちと違うのでしょうか。野球の技術とか運動能力は別として、野球に対する気持ち、勝負に対する気持ちといっていいかと思います。甲子園に出場したい。甲子園で絶対に優勝するという気持ちが、他のチームや選手たちよりも強かったということです。
 「こうなりたい、したいと」いう思いを持つこと、これが、まず、第一で、そのためにはどうしなければいけないか、そのための過程をしっかりと自覚し、自分たちの行動を厳しく律した結果だと思います。自らの目標に向かって努力を怠らず、妥協を許さないという姿勢が大切だと思います。彼らは寮生活ですが、外出時はロゴ入りのジャージか、制服。テレビは食事中にNHKかスポーツニュースのみ、携帯電話の使用も1日10分という厳しい生活があると言うことです。こうした中で強い精神力が養われているそうです。
 新年度のスタートにあたり、自分の将来の夢や目標を改めて確認してみましょう。そして、今やるべき事は何か、今日やるべき事をしっかりとこなし、それを継続していくことこそ結果につながると思います。
頑張って下さい。


0

よろしくお願いします

 この度の人事異動で、本校校長を命じられ着任した岩澤と申します。微力ではありますが誠心誠意努力して参りますのでよろしくお願いします。
 本校は、創立37年目を迎え、しっかりとした生徒指導を基盤として確かな学力を育成するための学力向上への取組と豊かな心と健やかな体を有する活力ある生徒を育くむ部活動の推進が大きな柱となっています。また、地元白岡市の各種行事への積極的な参加や小中学校との交流など、開かれた学校づくりにも努めています。
 これからも明るく元気な校風のもと、生徒一人一人が充実した高校生活を送れ、入学してよかったと思える学校づくりに、熱意溢れる先生方とともに努力してまいりたいと思います。


0