校長室より

2014年9月の記事一覧

篠津中学校訪問、忍者体験

 今日のヘレンズヴェイル高校一行は、午前中篠津中学校を訪問し、中学生との交流を深めました。組体操や剣道体験などを楽しんできたようです。篠津中の皆さんありがとうございました。
 午後からは、本校の同窓会長である武神館道場の中太啓治さんによる、忍術の演武や名刺を使った手裏剣などを体験しました。リアル忍者に大変驚いたようです。
 夕方には、本校の最終日ということで、PTA交際交流委員会を中心としたフェアウエルパーティが催され、ホストファミリー、スクールバディとの楽しいひと時を過ごしました。
 生徒一人一人からホストファミリーに向けた、日本語による感謝の手紙の朗読があり、感極まる場面もありました。ご協力をいただきましたホストファミリーの皆様、PTAの皆様に心から感謝いたします。
 明日は、いよいよ出発。残された日本での行程を楽しみ、無事に帰国してもらいたいと思います。
0

市長さんを表敬訪問しました

 今日は、ヘレンズヴェイル高校の一行は、午前中、白岡市長さんを表敬訪問しました。小島市長さん、秋葉副市長さん、福原教育長さんには、本校が用意した赤いポロシャツを着用いただき、対応していただきました。 懇談の後、議場を見学させていただき、議長席に座っては、喜んで記念撮影をしていました。
 最後に市庁舎正面玄関で、全員で記念撮影を行いました。市長さんはじめ、皆さんお忙しい中、対応ありがとうございました。
0

ダンス、ゴスペルで盛り上がる

 今日は、「ありの実祭」の閉会式後、久喜総合文化会館において芸術鑑賞会が催されました。
 今年は、プロダンサー峯島 淳郎さんを中心としたダンスとアノンティッド マス クワイヤーさんによるゴスペルの世界でした。ゴスペルの世界では、その人数と歌唱力に圧倒されながら、ほとんどの生徒がスタンディングの状態で盛り上がり、途中、私を含め教員がステージにあげられ、踊りながら歌うといったハプニングも... 大変盛り上がった行事でした。
0

ありの実祭開催

 9月20日(土) 第38回ありの実祭が開催されました。
 昨夕、白岡に入ったヘレンズヴェイル高校の歓迎式を全校で行い、例年より30分遅れの一般公開となりました。公開開始と同時に沢山の方に入場いただき、文化部の展示やクラス参加のお化け屋敷や模擬店など大変賑わっていました。
 中庭での音楽部、吹奏楽部の演奏や書道部のパフォーマンスには、1階はもちろん、各階の通路からも多くの方に鑑賞していただきました。
 ヘレンズヴェイルの生徒たちも本校生徒に交ざり、書道や茶道を体験したり、お化け屋敷を楽しんでいました。1日でだいぶ打ち解けたのではないでしょうか。
 今年のありの実祭は過去最高の入場者数を記録したそうです。御来場いただいた皆様ありがとうございました。
0

今年もヘレンズヴェイル高校から沢山の高校生が

 9月19日(金)の夕方ヘレンズヴェイル高校の教員2名、生徒17名が、本校に到着し、ホストファミリーやスクールバディとの対面式が行われました。
 今回は、引率教員男女各1名と男子生徒1名、女子生徒16名という、圧倒的に女性が多い編成で、例年に増して華やかな様子です。
 一行は、都内見学の後、本校に到着、ホームステイをしながら26日までの1週間こちらに滞在したあと、関西方面を見学し帰国することになっています。
 本校生徒との交流でお互いの国際理解が深まることを期待しています。
0