校長室より

2016年7月の記事一覧

書道部の今年の応援団扇です

 7月下旬にしては涼しい日が続いています。高校野球夏の甲子園埼玉県予選もベスト4が決まり、明日準決勝です。白岡高校は今年はベスト32でしたが、4年連続でベスト32以上なのは公立高校では白岡高校だけだそうです。その伝統を繋いできた3年生にあらためて拍手を送ります。
 写真は書道部が作ってくれた今年の手作り応援団扇です。昨年の野球部の快進撃に、自分たちにできることはないかと、書道部の先輩たちが考えて作ってくれた応援団扇。今年の書道部員たちが裏面に応援歌や選手名を入れた形に進化させてくれました。「勝ち進んだら大量生産します」と言ってくれていましたが・・・。野球部だけではなく、書道部も、先輩からの志を引き継ぎ、白岡高校の伝統として繋げてくれていってます。ありがとう。
 また、来年この団扇をたくさん作ることができるよう、頑張れ、野球部。
 
 今日もグラウンドでは、野球部、陸上部、ソフトボール部、サッカー部、ソフトテニス部の練習の声が響いています。体育館や格技場では、バレーボール部、バスケットボール部、バドミントン部、卓球部、剣道部が汗をかいています。校舎内では文芸・アニメ部、放送部、美術部、書道部、吹奏楽部、音楽部が活動しています。進学補習や小論文指導に頑張っている生徒、企業見学に行っている生徒、再考査に取り組んでいる生徒。頑張っているすべての白高生を応援団扇であおいであげたいです。「頑張れ!白高生!」


 
0

吹奏楽部、白岡市本町通り商店会納涼夏まつり出演

 7月24日(日)午後、吹奏楽部が白岡市本町通り商店会の納涼夏まつりに出演しました。開会セレモニーでは来賓の方々に、吹奏楽部の活躍と野球部の今年の成績についてふれていただき、司会の方からも「今や、白岡市立白岡高校です」とのご紹介もいただきました。こうして、多くの部活動が白岡市から活躍の場を与えていただき、地域に根差し、地域から信頼される学校として認めていただけるのは嬉しい限りです。
 たくさんのお客様と、保護者の方の見守る中、吹奏楽部員たちは笑顔で演奏し、歌い、踊ってくれました。楽しいクイズも実施しました。お客様の笑顔や拍手、歓声に部員たちは次のコンクールに向かうためのエネルギーをもらったことでしょう。
 待ち時間の間、急遽倉庫を開放してくださり、休憩させてくださった方、飲み物や食べ物を差し入れてくださった方、ありがとうございました。



  
0

華道部の皆さん、ありがとう。

  野球の応援から帰校すると、校長室には華道部の作品がありました。机上には下記のメモもありました。
  
 校長先生へ
   今日の花材を紹介します。
   紫の花がアスター
   白い枝がミツマタ
   ふわふわの花材がスモークグラフ
   ピンクの花材がクルクマ の4点です。
   因みにまわりにある葉は、クルクマの葉を使用しました。
   体調に気を付けてください。
   ゆっくり休んでください。           28.7.19

   野球の応援に行って不在なこと、そして野球が負けてしまったことを聞いたのでしょう。
   お花と最後の2行の温かいメッセージに、心癒されました。
  華道部の皆さん、いつもありがとう。今日は特にありがとう。


  
  
   

  
0

野球部お疲れ様でした

  本日の対南稜高校戦は3-5で敗戦。3年生の部員の皆さん、保護者の皆様、お疲れ様でした。秋・春と勝運に恵まれず、辛い時期があったと思います。昨年の大活躍のプレッシャーもあったと思います。それでも、皆さんが見せてくれた最後まで諦めない野球は、昨年同様見る人に勇気を与えてくれました。
  校長室に聞こえてきた練習の声や、迫力あるアップの姿の中に、3年生の姿が見られなくなるのは寂しい限りですが、これからは3年間白高の野球部で頑張ってきたことを自信に、次のステージで頑張ってください。
  今日もたくさんの方が応援に来てくださいました。白岡市の幹部の方たち、PTA・後援会・同窓会の方たち、卒業生のみなさん。自分たちの練習が終わった他の運動部の在校生たちも、息を切らしながら試合の途中から応援に駆け付けてくれました。
  地域の方達も来てくださいました。「暑くて球場に行けないので、テレビの前で応援してますよ。」という声もたくさんいただきました。
  吹奏楽部の1年生も、精一杯演奏してくれました。本当にありがとう。
  学校でも、ケーブルテレビが見られないので、先生方が埼玉テレビの「他球場の途中経過」を見ながら勝利を祈っていたとのことでした。
  男子バスケット部のウインターカップ予選会の際にも感じましたが、部活動において、互いに試合を応援に行ったり、コンクールや作品展を見に行ったり聴きに行ったり、他の部の活躍を刺激にして頑張ることは「チーム白岡」として素晴らしいことだと思います。さらに、地域の方が白岡高校の活躍を誇りに思い、応援してくださることは本当に有難いことです。応援してくださる方達への感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張っていきましょう。
 
0

野球部4回戦進出です。

 7月17日(日)、市営朝霞球場にて行われた対坂戸西高校戦を応援してきました。両校ががっぷり組合い、お互いのピンチを凌ぎ合う流れに、何回も何回も大きなため息と共に、回が進んでいきました。9回裏坂戸西の攻撃で、1アウト3塁からのランナーがスクイズでダッシュした瞬間、白岡応援団から悲鳴が上がりましたが、スクイズ失敗でバッターランナー共にアウト。延長戦に入りました。何回ものチャンス、そしてピンチ。13回のキャプテンのホームランで一気に流れが白岡に向きました。その後は連打。結果は6-0という大差になりました。野球部には、また最後まで諦めないことの大事さを教わりました。素晴らしい戦いを見せてくれた部員には感謝です。
 今日の試合では吹奏楽部の1年生を中心とした応援演奏でした。2・3年生の指導を受けながら、演奏・休憩中の水分補給・撤収や移動にてきぱきと動いていていました。素晴らしい連係プレイが随所に見られました。
 また、今回もたくさんの方に応援に来ていただきました。心より感謝です。 
 次の試合は19日(火)市営大宮球場で14:00からです。たくさんの応援をお待ちしています。



新白岡悠友会の皆様(7月10日撮影)
0

ホストファミリー説明会

  本校では「国際感覚を養う国際交流」を、特色ある教育活動の一つとして取り組んでおり、平成18年度にオーストラリアのヘレンズベイル高校と姉妹校締結を結び、以来相互交流を行っています。今年も7月の27日から8月5日まで、生徒をオーストラリアに派遣し、9月21日から27日まで、ヘレンズベイル高校の生徒さんを受け入れます。
  本校では地域の方にご協力をいただいており、何年も続けてホストファミリーを引き受けてくださっているご家庭もいらっしゃいます。本当に感謝です。
  今日はそのホストファミリーの方たちにお集まりいただき、説明会を開催しました。担当の教諭からの説明やお互いの自己紹介、質疑応答等の内容でしたが、初めて引き受けてくださるご家庭にとって、この説明会で経験のあるご家庭から聞けるノウハウはとても参考になるようです。
  海外に行かなくても異文化に触れる経験ができるホストファミリー、まだ募集しています。関心のある方は、白岡高校までご連絡ください。
 
0

男子バスケット部、ウインターカップ県予選会ベスト8です。

 7月16日(土)深谷ビッグタートルにて、バスケットボールウインターカップ県予選会が行われ、1日に2試合という過酷なスケジュールの中、1回戦対浦和戦勝利、2回戦は対埼玉栄戦に残念ながら敗戦。県大会ベスト8の成績を残し、男子バスケットボール部3年生全員が引退となりました。
 最後の埼玉栄戦の第3・4ピリオドは、3年生が意地を見せたゲーム展開でした。粘り強いディフェンスとリバウンド、それに素早い戻りとクイックパス、ロングシュート、離れた点差をじわりじわりと縮めていく流れに、もしかしたらという期待も感じるような素晴らしいプレイの連続でした。埼玉栄高校のシュート力も素晴らしく、残念ながら追い上げきれずにタイムアップとなりましたが、最後のこのゲームはスピード感のあるナイスゲームだったと思いました。
 卒業生、オープンキャンパスから駆け付けた女子部員、保護者の方もたくさん応援に来てくださっていました。男子部員の皆さんは今までの支援に感謝の気持ちを忘れないでください。これから進路への取り組みとなりますが、ぜひ、後輩に対して、自分たちの反省や後悔を話してあげてください。そして、自分たちが先輩や保護者の方から応援していただいたことを、今度は後輩にしてあげてください。お疲れ様でした。


 
 
0

同窓会長さんも活躍されています

    本校の同窓会長をお務めいただいている4期生の中太啓冶さんは、青山に道場をお持ちで忍法や古武術を指導されています。その中太さんのお師匠さんである、戸隠流忍法三十四代宗家初見良昭氏のドキュメンタリー番組が明日9日(土)に放映されるそうです。NHKBSプレミアム18:00~19:00です。
  中太さんは、同窓会長として母校のために、毎年の国際交流受け入れ事業に協力してくださっています。道場のお弟子さん達と共に来校され、オーストラリアヘレンズベイル高校の生徒さん達に、忍者の体験をさせてくださるのです。中太さん、いつもありがとうございます。
  明日は、高校野球の開会式と中太さんのお師匠さんの番組の両方をしっかり録画します。
 
 
0

グラウンド照明が新しくなりました

  平成28年度第1学期の期末試験が本日で終わりました。
  これから3年生は進路に向けて、進学補習や面接練習、小論文練習、会社見学など具体的な動きに入ります。1・2年生は新人戦に向けて部活動の夏季練習です。それぞれやるべきことをしっかりやっていきましょう。そして秋や冬、または来春に、頑張った結果が収穫できるようにしましょう。
 
 さて、昨日、グラウンド照明3基が、新しくLED照明になりました。これは、昨年度の部活動の活躍に際して、これからも頑張ってほしいという期待を込めて、同窓会の皆様のご厚意により設置していただいたものです。野球グラウンドに2基、ソフトボールグラウンドに1基設置していただきました。
 同窓会の役員の皆様はじめ、卒業生の皆様ありがとうございます。今後も活躍できるよう頑張ってまいります。引き続き、在校生へのご支援をよろしくお願いいたします。

0

野球部壮行会

  7月3日(日)本校食堂にて、野球部保護者会主催の壮行会が開催されました。
  1・2年生部員と保護者の方達でぎっしり埋まった食堂に、3年生が拍手で入場するところから始まりましたが、久しぶりに見る3年生は体も一回り大きくなり、表情も引き締まり、昨年この壮行会で見た時と比べると、ずいぶんと成長した様子が感じられました。昨年の先輩たちの大活躍後のプレッシャーは相当なものがあったと思います。きっと今もそのプレッシャーと戦っている最中なのでしょう。でも、皆が応援しています。そのプレッシャーを力に代え、開き直って頑張りましょう。
 関係者挨拶、会食の後、会場を外に移し、3年生一人ひとりが大会にかける決意を述べました。
 けがをしたり、気持ちが切れそうになったときに、どれだけ支えてもらってありがたかったかという親への感謝を述べる生徒。メンバーからはずれ引退試合も終わったので全力で応援します、という生徒。どんな短くてたどたどしい話し方であっても、3年生一人ひとりの思いがこもった貴重な話を聞くことができ、感動で胸がいっぱいになりました。
 「ベンチ入りした選手に思いを託します。」「1試合でも多くこのメンバーで野球ができるよう、精一杯サポート・応援します。」「サポートにまわった選手の分まで、頑張るので応援よろしくお願いします。」立場は違えど思いは一つでした。
  最後に、1・2年生からの応援エール・校歌斉唱、保護者会からの千羽鶴とお守りの贈呈がありました。千羽鶴とお守りのクマさんには白岡高校のユニフォームが着せてありました。保護者の方の思いが感じられるものでした。
 監督の挨拶の中にもありましたが「チーム白岡」です。選手も、サポートも、応援も、保護者も、卒業生も、教職員も、白高在校生も、地域の方々も、みんなで応援します。
 1回戦は7月10日(日)14:00~県営大宮球場です。対戦相手は本庄東高校です。たくさんの方の応援をよろしくお願いいたします。
0