校長室より

2017年4月の記事一覧

今週の生け花

今週は、華道部 3年生女子二人が、きれいな生け花を持ってくれました。
花材は錦木、チース、アルストロメリアです。錦木には、緑色の小さな花が控えめについています。
      
0

テーマ「初夏」

 華道部の3年生2名とともに、1年生3名が校長室へ活動で活けたお花を持ってきてくれました。テーマは「初夏」 校長室に清々しいを運んでくれました。
0

新入生歓迎書道パフォーマンス

 1年生が入学して3日目になります。各部活が新入生を歓迎するパフォーマンスを行っています。今日行われました書道部の様子を紹介します。これからの学校生活へ声援を込めて「挑戦」文字を書いてくれました。1年生 頑張れ!
   
0

対面式に寄せて

 昨日、午前中の始業式、午後には入学式が行われ、晴れて3学年が揃いました。

平成29年度は、2年生191名 3年生182名に1年生197名を迎え、全校生徒数 570名でスタートしました。昨日の入学式で、御来賓の皆さまから本校へたくさんのお褒めの言葉をいただきました。2,3年生が、先輩方の築いてくれた伝統をしっかりと受け継ぎ、さらに発展させようと頑張ってくれたからであると思います。1年生の皆さんは、2、3年生の姿に見習い、1日も早く白岡高校生になってほしいと思います。そして、全校生徒が互いに認め合い、励ましあい「頑張る生徒が必ず伸びる、明るく元気な校風」をしっかり取り組んでほしいと思います。

0

入学式式辞

木々の緑が芽吹き、百花競う今日の好き日に、夢と希望に胸ふくらませた新入生を迎え、

 白岡市副市長 秋葉 ()清一郎 様、

白岡市立各中学校長様、本校学校評議員の皆様をはじめ、御来賓の皆様、保護者の皆様の御臨席をいただき、

本日ここに、平成29年度埼玉県立白岡高等学校第41回入学式を挙行できますことは、本校にとりまして、この上ない喜びでございます。

 

 ただいま、本校への入学を許可された197名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。皆さんの入学を教職員一同、心から歓迎いたします。

これまでの皆さんの努力が報われ、今日の日を迎えることができたのは、保護者の皆様をはじめ、多くの方の支えがあったことをしっかりと心に刻み、「感謝の気持ち」を持って、高校生活の第一歩を踏み出して下さい。

また、保護者の皆様にはお子様の入学を心からお喜び申し上げます。立派に成長されたお子様の姿を目の当たりにし、感慨もひとしおのことと推察いたします。

 本校は「自主と奉仕の精神に満ち、社会に貢献する人間を育て、地域から信頼される学校」をめざして教育活動を展開してまいりました。

 毅然とした生徒指導を基盤とし、確かな学力を育成するための学力向上への取組をはじめ、一人一人の面倒を最後まで見る進路指導、国際交流活動、生徒会活動やボランティア活動の充実、部活動での活躍や地域行事への参加などで、高い評価を頂いております。

 新入生の皆さん、今日から白岡高校生としての生活がスタートします。

高校時代は、これからの人生をたくましく生きぬくための力を身につける時期です。変化の激しい時代を生き抜くため、基本である勉学と部活動に積極的に取り組み、確かな学力を身につけ、心身を鍛え、自ら生きる力をしっかりと身につけて下さい。 

 白岡高校生としてのスタートにあたり、私から二つ、皆さんにお話ししたいと思います。

 まず、一つ目は、「常に夢や目標を持ち続ける」ということです。   

 新しい友達や先輩、新しい先生と、 新たな気持ちで臨む授業、部活動、行事、地域の方たちとの触れあい。その中でたくさんの刺激を受け、夢や目標を探してください。高校時代は、将来の夢に向かって具体的な歩みを始める時期です。  

 高校での三年間という時間は全員に平等に与えられています。この三年間をいかに過ごすかによって、三年後、大きな差になってきます。夢や目標の実現のためには、地道な努力を積み重ねることが大切です。「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分」と自身を戒めた高校生もいました。

 そんな時にはどうぞ、学校を頼ってください。教職員一同、皆さんの夢や目標の実現のために、全力でバックアップいたします。

 二つ目は、「今、あるべき姿を想像する」ということです。これからの三年間、様々なことを深く考えなければならない時が必ずあります。将来のこと、友人関係のこと、成績のこと、家族のこと。そんな時、「今、あるべき姿を想像する」ことが、考え方や振る舞い方の指針なります。

多様な価値観が乱立する時代ですが、どんな時代でも、自分や人の命を大切にすること、心や体を傷つけないこと、不正をはたらかないことなど、人として大事なことは変わりません。そして、互いを信じ、苦しい時には助け合い、絆を大切にしましょう。新入生の皆さんのこれからの活躍を期待します。 

次に、保護者の皆様にも、この機会にひとつお願いいたします。

 様々な課題を抱える現代において、社会への巣立ちを迎えるこの高校時代こそ、保護者の皆様の物心両面での支えがより必要な時期となります。これからもお子様の成長をしっかりと見守っていただきたいと思います。白岡高校では教職員が一丸となり、情熱をもって、根気強く、お子様一人一人の持っている力や可能性を引き出し、進路実現できるよう努めてまいります。そのためには、保護者の皆様と学校が「チーム白高」として同じ歩調で進むことが重要と考えております。学校の教育方針に御理解をいただき、御支援・御協力を賜りますようお願いいたします。

  結びに、本日、御臨席を賜りました御来賓の皆様には、日頃から本校に対しまして温かい御支援いただいておりますことに深く感謝申し上げます、とともに今後とも本校の一層の充実・発展のために引き続きお力添えを賜りますようお願い申し上げまして、式辞といたします。

 

                          平成29年4月10日

                          埼玉県立白岡高等学校長

                    水 野  浩

0

着任のあいさつ

 この度の人事異動で、小林伸子校長の後任として着任した水野 浩と申します。「自主と奉仕の精神に満ち、社会に貢献する人間を育てる、地域から信頼される学校」を目指し、白岡高校の生徒の夢の実現のために努力して参ります。どうかよろしくお願いします。

 本校は、昨年度地域の皆さまはじめ、多くの皆様の御支援により、創立40周年事業を無事終了しました。今年度、新たに41年目をスタートさせ、これまでの教育活動で培ってきた、毅然とした生徒指導を基盤に、学力向上の取組、活発な部活動、一人ひとりの面倒を最後まで見る進路指導、国際交流活動など様々な取組をさらに進めおります。

 また、市内唯一の高校として、地元白岡市の各種行事への積極的な参加や小中学校との交流など、開かれた学校づくりにも積極的に努めております。

 これからも「頑張る生徒が必ず伸びる、明るく元気な校風」のもと、生徒一人ひとりが充実した高校生活を送り、入学してよかったと思える学校づくりに、「チーム白高」として努力してまいります。

 今後とも、白岡高校の教育活動に御理解・御支援を賜りますようお願いいたします。 

0